加齢臭とのお付き合いについて述べます

年齢とともに体の悩みなどは増えていくものですが、私もご他聞に漏れず、体から発する加齢臭に悩んだ時期がありました。

はじめの内は、夫と一緒に寝ているので、その匂いが移って嫌だな、と思っていました。加齢臭は、寝て起きた時の枕を嗅いでみるとわかるという事だったので、念のために自分の枕を嗅いだのですが、夫の枕と同じ匂いだったので、その時はショックでした。

それからは、まず、枕と枕カバーを新しいものに買い換えました。それと同時に、お風呂の時に使用するシャンプーを、香りが特に良いものに替えてみました。加齢臭に、枕とシャンプーを替えてみるのは、絶対にお奨めできます。取り敢えず試してみてから、次のステップに進んでみてください。

更に、お風呂の石鹸を替えたのと、衣類を洗う時の洗剤については、今流行りのフレグランス系のものにしてみました。

あと、パジャマも思い切って買い替えたりしてみて、これで一応加齢臭がゼロに戻ったと実感しました。

ここからは、できるだけ加齢臭が立たない様に、とにかく自分の周囲を香りの良いもので固めていき、現在は私の衣類はバラの香りでいっぱいになっています。皆さんも是非試してみてください。

加齢臭についての記事

加齢臭というのは男性だけではなく、女性にも起こる現象です。

私も40代になり、そろそろにおいが発生する年齢になってしまいました。そこでできるだけ不快なにおいを出さないように予防することを心がけるようにしたのです。

対策として、加齢臭の原因であるノネナールをなるべく発生させないようにしています。主に食事に気を付けていて、肉類より魚類を食べるようにしています。

肉類を食べると加齢臭が強くなるのであまり頻繁に食べないようにしました。

他には大豆イソフラボンを含んでいる食品を食べています。ノネナールを抑制する効果がある女性ホルモンの代わりになる働きがあり、加齢臭を抑えるのにぴったりなのです。

食事以外の対処法としては加齢臭対策のためのボディソープやシャンプーを使っています。体を洗うときは胸や耳の後ろ、脇などノネナールが発生しやすい皮脂腺がある場所を重点的に洗っています。

皆さんも周囲の人のためにも加齢臭には気を付けてみて下さい。

加齢臭防止のグッズを使い始めました。

40代を過ぎてから、娘に「臭い」と遠回しに言われるようになりました。

洗濯物にも臭いが染み付いているような気がしてちょっと困っていたところに妻から加齢臭防止のグッズを薦めてもらいました。

参考:加齢臭予防のグッズ

石鹸やシャンプーなどが主なグッズですが、効果が高い事にびっくりしました。

柿渋で臭いを防止するだけではなく、抗菌成分が含まれているので、臭いの元となる雑菌の繁殖も抑えてくれるようです。

シャンプーも毛穴に詰まった汚れをきれいにしてくれる成分が入っているようで洗い上がりがさっぱりします。

加齢臭専用の石鹸とは言うけれど、スタイリッシュなボトルパッケージなので、恥ずかしさもありませんね。

これらを風呂の時間に使うようになったら、下着に染み付いた臭いがなくなったように思えます。

娘も「臭い」と言わなくなったし、営業の仕事をしている私ですが、仕事にも自信が持てるようになりました。

このような対策グッズを教えてくれた妻に感謝です。

加齢臭の原因とその対策について

加齢臭って、ある日突然気付きますよね。心の準備もないままに突き付けられる現実は少なからずショックなものです。

私の場合、脱いだ服を何気なく嗅いだ時に気付きました。汗とも違う、何とも言えない油っぽい臭いでした。

加齢臭とは何なのでしょう。読んで字の如く、加齢によって発生する独特の臭いのことです。大体30代以降の中高年に多く見られます。諸説ありますが、その臭いの主な原因はノネナールという物質です。

ノネナールは全身の毛穴にある皮脂腺に潜んでいます。これが加齢に伴って増殖し、臭いへと結びついていくのが加齢臭のメカニズムです。

ちなみに、ノネナールは若者からは検出されないそうです。加齢臭は本当に中高年独特の臭いと言える訳です。

この加齢臭の対策としては、最低限体の清潔を保つこと。それと肉中心の食事を見直し、野菜を積極的に摂るようにすること。もし加齢臭対策グッズを試してみたいのなら、抗酸化作用のあるものを選びましょう。

独特の臭いを違う香りでごまかそうとするのはNGです。加齢臭と相まって更にきつい臭いになることがあるからです。加齢臭ケアは根本的に改善できる方法に取り組むのがベストと言えるでしょう。

加齢臭に対する娘の反応

人間は必ず年をとるし、年をとれば今はやりの加齢臭が発散する。この加齢臭には人生のすべてが凝縮されている。

本人のことだから本人にはわからない。厳しい人生を歩んでいるほど臭いが強いようだ。最初に指摘されたのは妻からだった。

何の臭いかわわからなかったらしいが、変なにおいがすると言い出したことから始まった。当時はまだ加齢臭というのが広く世間に出回っていなかったので毎日風呂に入っていても体を良く洗っていないのではないかと疑われた。

指摘されてからいつもに増して洗うようにしたが一向に臭いが収まらないようだった。娘にも気づかれるようになった。

そのころから年齢によるものだということが判り、娘は母親に自分の洗濯物は父親のと一緒に洗わないようにしてほしいということになっていった。

それからは風呂に入っては香りの良いボディーシャンプーを大量に使ったり、外出する時は今までつけたことの無い香水を振りかけたりしている。しかしながら、あまり効果は無いようだ。